HOME>特集>借りる側にとって、トラブルを防ぐ知識を得ておく

単身者が多いワケ

マンション

武蔵小杉には、賃貸向けとなるマンション・アパート・戸建て住宅が点在しています。マンションなどでは、交通機関や商業施設からのアクセスの良さが重視されています。武蔵小杉の人口の多寡、都市圏の通勤や通学先への近接性がモノをいいます。このため、単身者や学生などの借主が多いのです。

ファミリー層が利用

男性

武蔵小杉にも、戸建て賃貸があります。この場合、借り手は子育て世代が中心であるという特徴があるようで、子供の学校関係によって、いったん入居が決まれば、長期間入居するのが一般的です。武蔵小杉という立地条件のみならず、静かな住環境や治安の良さ、周辺の公園などの環境が重視されています。

正確な情報を得る

武蔵小杉エリアの賃貸物件の広告、これには正確な情報が記載されています。優良である記載など、1日でも早く入居者を見つける言葉巧みなワードは記載できません。不動産を探している人にとっては、物件情報に載っていることを基に探すのですから、現状を確認させてから契約手続きに移る不動産屋を選びましょう。

契約書を交わす意味

第三者に不動産を貸すことになれば、契約書を取り交わします。武蔵小杉の賃貸物件を扱う不動産屋でも、契約書の記載事項をおさえておき、明渡しの際のトラブルにならない条項を定めています。法律に定めがある事項なのだから、あえて契約書に記載する必要はないように思えるかもしれません。しかし、契約内容がより明確になり、家賃の滞納や賃料以外の費用の負担など、お金が絡むトラブルの発生を未然に防ぐことが幾度となく報告されているので、その効果も絶大なのです。